ヘルニア

八街駅前整骨院のヘルニア治療とは?

  • 歩くと足に激痛が走る
  • 足に力が入らない
  • いつ痛みがでるかわからないので、憂鬱
  • 痛み止めを常に所持している

ヘルニアってなに?

ヘルニアという言葉はどなたでも耳にされたことがあると思いますが、「ヘルニアを説明して」と言われたら多くの方が???だと思います。

あるべき場所から移動したりずれたりした状態を言います。

そもそもヘルニアとは、臓器や体の構成物があるべき場所から移動したりずれたりした状態をいいます。例えば「脱腸(だっちょう)」は腸があるべき場所から移動する病気ですので、正式名称を「鼡径ヘルニア」といいますが、皆さんがよく耳にされる「ヘルニア」は「椎間板ヘルニア」であることがほとんどだと思います。

ではこの「椎間板ヘルニア」は何が移動するのか?ずれるのか?まずは椎間板の働きからお話しします。椎間板は頸椎から腰椎まで全部で24個ある背骨の間全てにあり、背骨の動く範囲を大きくすることが仕事です。背骨は前後左右に加え捻じれの動きも可能ですが、それは椎間板の中にある「髄核(ずいかく)」があるからこそなのです。

髄核はたとえるならばビー玉です。四角いブロック状の背骨と背骨の間にビー玉が入ることで、四角いブロックは思いのまま動くことができます。私たちの背骨が蛇のようにクネクネと動くのは髄核のおかげなのです。その髄核は、ずれないように周りを「線維輪」という組織で覆われていますが、スポーツや交通事故など何らかの原因でその線維輪に傷がつき、そこから髄核がピュルっと外に出てしまった状態を「椎間板ヘルニア」というのです。椎間板は頸から腰までありますから、頸で起きれば「頸椎椎間板ヘルニア」、腰で起きれば「腰椎椎間板ヘルニア」といいます。

ヘルニアの主な症状

髄核が神経を圧迫し引き起こされる

ただ髄核が外に飛び出してしまっただけでは大きな症状にはなりませんし、患者様自身が気づいていないこともよくあります。但し、飛び出したところに神経があると、髄核が神経を圧迫し腰椎であれば足に、頸椎であれば腕に痺れなどの神経症状が出ます。

痺れ感、筋力の低下、感覚麻痺などさまざま

多くの場合は左右のどちらかに症状が出るのが一般的ですが、飛び出した方向によっては、両足に症状が出たり、頸椎であれば頸から下全体に痺れが出たりすることもあります。これが長い間続くと、痺れ感のほかに筋肉が痩せることでおきる筋力低下や、感覚麻痺、運動麻痺となるなど重傷化することも珍しくありません。

あなたは「なんちゃってヘルニア」かも?

髄核はレントゲンには写りません

腰痛などで整形外科を受診すると、ほぼ必ずと言っていいほどレントゲン写真を撮ると思います。レントゲン写真では背骨と背骨の間が正常な間隔で開いているか(=髄核が外に飛び出して隙間がつぶれていないか)を観察しますが、髄核はレントゲンには写りませんので確実なヘルニアの診断を下すには少々役不足となります。

ぜひ当院にご相談を。

「ヘルニアの化がある」、「ヘルニアの可能性がある」といった表現をすることが多いのはそのためで、ヘルニアを確定診断するためにはMRI検査が必要であり、まだMRI検査をされていないのであればヘルニアでない可能性もあります。梨状筋症候群というヘルニアに非常によく似た症状の出る疾患ですが数回の治療で足の痺れが消えてしまう疾患でもありますので、足が痺れる=ヘルニアと判断せずに是非当院にご相談ください。

ヘルニア、どんな治療をするの?

当院では、痺れ感の軽減や神経異常による筋力の低下への対策

髄核の脱出したヘルニアの場合、残念ながら脱出した髄核を基に戻すことは当院での治療ではできません。根本的な治療は現代医学では手術以外ありません。ただし、痺れ感の軽減や神経異常による筋力の低下への対策のための治療については当院にて行っております。根気のいる治療になりますが、日常生活を無理なく過ごしていただけるよう施術を行ってまいりますので是非お任せ下さい。

ヘルニアの治療間隔

週二回と、アフターケアなど。

最低週2回を、例えば月曜と木曜など定期的に行います。筋力低下は日々進行していきますので、コンスタントに治療していかなければなりません。ご自宅で行っていただきたい体操や日常生活上の注意事項も説明させていただきますので、それも合わせて行っていただくとより効果的です。

▲ページの先頭へ戻る

お気軽にお問い合わせください
  • 千葉県JR八街駅から徒歩0分、043-442-2468
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る